「面さばき」について 腕とシャフトのラインが3局面で並行しながら回転

「面さばき」について 腕とシャフトのラインが3局面で並行しながら回転

前回の動画の裏面ダウンから右手が下になり、それをホールドしたまま体の回転で振ると、「面さばき」になります。ヘッドを背中側に残したまま、体の回転で振るから「後ろさばき」とも言えます。

その時、皆さんに面を感じて欲しいというのが、本音です!

面さばきをするには前置きとして、トップから胸の面を開かずに、下半身リード(スクワットする感じでグッと沈む)と一緒にクラブの重心を右肩の上に垂直落下させながら、右前腕を回外(右手のひらを真上に向ける)させて、右肘を脇腹前に絞り込んでインサイドから下ろす動きが必要なんだ!

これらの動きをよく英語で、Dropping the club straight downとかto the insideっていうけど、トップに振り上げた軌道より内側から浅い入射角で下ろしなさいって意味なんです!最近はShallow PlaneとかShallowingなどとも言われてるね。僕も長らく言ってきてるけど、この動きをマスターしないと、インサイドから面を感じて下ろせないし、到底強い球なんか打てませんよ!

Shallowingさせて、右腰横のハーフウェイダウンに来た時は、胸のラインとシャフトの向きが並行になり、飛球線とクロスしての45度右を指します。これを第一局面とすると、第二局面は胸のラインとシャフトの向きが飛球線と並行になる時、最終局面は胸のラインとシャフトの向きが飛球線とクロスして45度左に向かって振られます。

こんな感じで振れると、インサイドアタックは勿論、ハンドファーストインパクトが可能になり、一気に回転力が向上して飛距離アップに直結します。世界クラスの名プレーヤーは今まさにShallowingさせて、フェースローテーションを抑えた回転力スイングを実践して、かっ飛ばしています。

体の正面でグリップエンド中心の手をひっくり返すスイング「前さばき」をしているうちは、Classic Swingから抜け出せませんよ!

コメント

勝負動画アンテナ