スイングは右肘の引き付けがポイント。これが出来れば上手くなる。

スポンサーリンク
スイングは右肘の引き付けがポイント。これが出来れば上手くなる。

スイングでタメを取るとか、インから振るとかは誰でも知っているが出来る人は少ない。教え方が悪いのか、練習方法が悪いのか、恐らくスイングの概念が違うのだと思う。ナイスショットとスイングとは全く関係ないのに人はナイスショットをベストスイングと学習してしまうから後から変えようとするのは非常に難しくなる。スイングは右肘の引き付け出来るかどうかがポイント、引き付ければヘッドはやや遅れて下りる、日常生活ではこの遅れ感覚の動作はまずないので、この感覚には違和感がある。バッティングでもピッチングでもテニスでも肘が先行しなければいい結果は得られない。動画のようにここまで両肘を引き付けるのは難しいが、近づけようと意識するだけでもスイングの見た目は良くなる。

コメント

勝負動画アンテナ