脚を使えばまだまだ飛ぶ! うねりをつくるフットワーク!

スポンサーリンク
脚を使えばまだまだ飛ぶ! うねりをつくるフットワーク!

ゴールドワン ゴルフスクール

ゴールドワン ゴルフスクール
あなたのスイングを強くする

ここのところお伝えしている、「うねり」という動作。

とても重要です!

日本キャンプでもショットとアプローチに顕著な効果が出ており、皆さん一貫性のあるスイングを体得されています。特にバンカーが苦手だった方がうねりをつかって、ポンポン打てています。

うねりを発生するにはまず股関節の動きを覚えます。太腿の付け根の大腿骨の上に腰幅サイズの大きなサラダボールが乗っているのを想像して、そのサラダボールがその上でゆらゆらとコマネチラインに沿って切れ上がるように動かします。両膝の沈んで上がるバウンディング動作とマッチアップさせることでうぉーん・うぉーんとうねりが発生します。

また、うねりの発生にはフットワークが不可欠です。ダウン初期は左足の踏み込みと同時にサラダボールの右が下がり、右のお尻の沈み込みと右内腿の内旋運動(右膝のキックイン)が入ってくる。徐々にサラダボールの左が上がってきて、右足土踏まずにエッジがかかり親指に地面をえぐるような蹴りが入ります。それを受け止めるのは、やはり左内腿の内旋と左脚土踏まずのエッジングなんです。

そして最も大事なのが、ダウン時に肩と腰の捻転差を感じて回転すること。トップからヘッドの重さを感じて、裏面を地面に向けながら落下させて右肘を絞り込む。シャフトの内側が体から離れないように巻きつきながら小ちゃく回転すると、スパッと回れるのでよく飛びます!

肩と腰が重なってしまったらうねりどころか軸が突っ込んでしまうので、気をつけたいところです!動画に見られる、内腿の内旋運動ストレッチと右足踵内側と左足爪先をタッチして最大捻転差を感じてうねりを発生させるドリルをしっかりやってください!

コメント

勝負動画アンテナ